なりすまし・フィッシングメール・偽サイトにご注意ください

さくらのモノプラットフォーム

プラットフォーム Platform

プラットフォームは、IoTシステム全般に求められるデータの中継、管理インターフェースといった「基本機能」と、
IoTシステムによっては必要となる「オプション機能」で構成されています。

基本機能

IoTシステムの開発や運用に広く求められる機能を提供します。

  • IoTデバイスの登録・認証・編成・監視
  • データの中継
  • 管理インターフェース(GUI/API)

IoTデバイスの登録・認証・編成・監視

IoTデバイスの「登録」「編成」「認証」「監視」といったIoTシステムの基礎となる機能をご利用いただけます。

IoTデバイスの登録・認証・編成・監視

データの中継

プラットフォームがデータを中継することによりIoTデバイスとクラウドアプリケーション間が疎結合になります。これにより、開発負荷の低減やデバイスの管理負荷の軽減、優れたスケーラビリティを実現できます。

データの中継

管理インターフェース(GUI/API)

IoTデバイスの管理がWebブラウザで簡単にできる「コントロールパネル」と、システムから大量実行および自動化が可能な「API」を提供を提供します。環境の規模を問わず、お客様側の管理負荷を軽減いたします。

管理インターフェース(GUI/API)

オプション機能

開発するIoTシステムに合わせて、追加でご利用いただける便利機能です。

  • サービスアダプタ
  • ファイル送受信

サービスアダプタ

サービスアダプタはお客様がインターネット上に構築されたIoTアプリケーションや、他社のクラウドサービスに対しての接続を提供する機能です。デバイスと構造化された「オブジェクト」という単位でデータをやりとりします。

Outgoing Webhook

プラットフォームから指定したURLに対してメッセージをPOSTします。
通信の向きが上り方向(デバイス→クラウド)に限定されるため、センサーデータ収集等の用途に適しています。

Outgoing Webhook

Incoming Webhook

任意のサービスからPOSTされたメッセージを指定したデバイスに転送するURLを提供します。通信の向きが下り方向(クラウド→デバイス)に限定されるため、任意タイミングでのデバイス制御等の用途に適しています。

Incoming Webhook

WebSocket

プラットフォームの対向となるアプリケーションとの間にWebSocketURLを提供します。双方向の通信が可能であり、かつHTTPSのような通信ごとにコネクションを作成する必要がないため、少量のデータを回数多く送受する用途に適しています。

WebSocket

ファイル送受信

さくらのモノプラットフォームを介してデバイスや外部サービス間でファイルの保管と転送を提供します。デバイスから取得したログファイルや非構造化データ、外部サービスからのファームウェアといったデータの受け渡しを、電源や通信の状態がわからないIoTデバイスでも実現します。

ファイル送受信

お気軽にお問い合わせ下さい Contact us